プライバシーポリシー
トップページ
初めて当院へお越しの方へ
院内・医療設備のご紹介
治療中に苦しくなったら…
治療方針
4つの安心
歯内療法(根管治療)
コミュニケーション重視
トータル・ホワイトニング
予防プログラム
虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
インプラント・入れ歯
親知らず治療
審美歯科・ホワイトニング
顎関節症・スポーツ歯科
Q&Aよくあるご質問
ブログ
リンク
早稲田大学学生健康増進互助会指定医院

審美歯科

審美歯科とは審美歯科とは、「歯の美しさ」に焦点を当てた歯科医療のことです。美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。歯の美しさは、形態美・色彩美・機能美の調和を目指すところにあるようです。歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、ともに健康でよりよい生活をおくる上で重要な要素をしめています。

ゆえに審美歯科では美しい歯や歯肉を作るばかりではなく、自分らしい笑顔、さらに健康な精神を得ることが出来るのです。美しい笑顔を手に入れ、自分の笑顔に自信を持つことは、あなたの人生をより豊かにし、可能性を広げてくれるのではないでしょうか?自分の歯にコンプレックスがあり、笑顔に自信を持てない、人前で口を開けることをためらってしまう、などという不安をお持ちの方は、一度お気軽にご相談していただければと思います。

補綴物の種類

補綴(ほてつ)とは、主に何らかの理由により欠けたり、失われたりした歯をクラウン(差し歯・被せ物)や入れ歯などの人工物で補うことをいいます。これによって、「うまく噛めない」「しゃべれない」「見た目が悪い」といった問題を解決し、健康を維持して生き生きと毎日を送り、生活の質を維持・向上させることができます。
 

セラミックインレーー

セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックの自然な仕上がりで、虫歯跡を目立たないようにできます。

メタルボンドクラウン

中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウンです。(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます。)
見た目が自然の歯に近く、歯先に透明感があり、変色もしません。強度があり、磨り減ってくる事がありません。セラミックのため、抗菌作用があり、細菌をよせつけない効果もあります。さらに、中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。

ジルコニアクラウン

土台を人工ダイアモンドなどに使われるジルコニアにセラミックを焼き付けて作製してしています。金属と 同等の強度で、金属アレルギーがありません。 金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色 がないのも特徴の一つです。

ファイバーコア

ファイバーコア(ファイバーポスト&レジンコア)とは、FRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れることによって、レジンコアの強度を改善する目的で開発された土台(コア)です。
本来の歯に近い硬さにつくられているため、残った根元の歯に負担がありません。またしなる性質があるので、歯が割れる可能性が低く、さらに白いため、審美的に有利な面も備えています。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削ったり、被せ物や詰め物をせずに特殊なお薬でご自身の歯そのものを白くする方法です。また歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を白くしていくものです。

歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解できるため、負担をかけず徐々に白くしていきます。イメージアップを図る事はもとより、患者様の自信を取り戻すという素晴らしい効果が見込めます。なお当院では、ホームホワイトニング材「ティオン ホーム」を用いてホワイトニングを行います。

■ホワイトニングの種類と特徴

項目
ホームホワイトニング
治療の場所
自宅
治療の期間
2週間使用する
治療の方法
睡眠時のマウスピース装着
知覚過敏
薬剤の濃度による
効果
濃度によって十分白くなる
 
ホワイトニング症例のご紹介



Tion(ティオン)

Tion画像01ご自宅で継続的に快適に使えるホームホワイトニング材「ティオン ホーム」。日本人の歯に適した、安全にお使いいただけるシステムです。

オフィスホワイトニング(ブリリカ)

Tion画像01当院で行うオフィスホワイトニングには、ブリリカ(BRILLICA)という専用LEDライトを採用しています。

ホワイトニング剤を歯に塗布してから光を照射する際、ブリリカなら位置が固定され、効率的です。また患者様も動くことが出来、負担が従来よりも軽減されました。

変色歯の漂泊

神経を抜いた歯は、段々と黄色く変色してしまうことがあります。これは神経や血液の成分が象牙質(歯の主体をなす硬組織)に染み込んだ事により生じる現象です。この様な失活歯(無髄歯)の歯の漂白には、 通常のホワイトニングではあまり効果がありません。


Walking Bleach(ウォーキングブリーチ)

ウォーキングブリーチ症例ウォーキングブリーチとは、歯の神経(歯髄)を取った後に歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を白くする方法です。具体的には歯の裏に穴を開け、 過酸化水素水と過ホウ酸ナトリウム粉末を内側から作用させ漂白を行います。

この方法は、ペースト状の漂白剤を髄室内に入れて数日間おくことで効果が現れます。その後、歯が白くなったら蓋をあけて中の薬剤を除去し、最終的な蓋をします。


変色歯の漂泊 症例のご紹介



 
プライバシーポリシー
COPYRIGHT (C) CHUO DENTAL CLINIC,ALL RIGHTS RESERVED.

web予約